2006年10月23日

化粧女

 朝いつものように池袋から山手線に乗った。いつもより空いている。ドアを入りいつもの場所に立つ。そこにまさにこれから化粧を始める女性が座っていたのである。
 
 たぶん池袋で座ったのだろう。前に立ったときは、ファンデーションを塗り始めていた。
 
 ファンデーション、パウダーと続く。そして目の周り。まぶたに白っぽい色のファンデーション。二重まぶたの上にはやや濃い色。そしてまつげを持ち上げて、マスカラを2種類。まぶた下の細かい毛にも上手に塗る。眉毛は2種類の道具を使ってうまく書く。頬紅、いやその前に口紅、そして仕上げはまた目の周り。アイラインを引き、ぼやかしのファンデーションを塗り・・・。そして電車は原宿を過ぎた。そこの間、じろじろ見つめる私の無礼な視線にも目もくれず、一心不乱。女性は鏡を見つめるときには自分の一番好きな顔をするものだと思っていたが、彼女は、しかめっ面をしたり、眉間にしわを寄せたりの化粧だ。
 
 そして渋谷の手前で化粧終了。携帯チェックをして渋谷で降りていった。
 
 ふー。公共の場での化粧をとがめる気はない。
 ただただ感心。ゆれる電車の中で手際よく、微妙な線もひく(アイライン)化粧があれだけ集中してできること。時間にして約15分。出来上がった彼女の顔は本当にきれいだったのだ。
posted by 百子 at 11:06| Comment(1) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この情景は僕も良く見かけます。

これは女性だけの事ではなく、満員電車に乗っているサラリーマンにも言える事です、周りで何が起ころうと・・・例えば青い顔でしゃがみ込む人がいても、能面のような顔で表情が動かない、置換されている女性がいても、大きく開いた目は何も見ていない・・・これに比べれば、人前で平気で化粧をしているこの女性はまだましな方ですね、ましてやそれを観察して色々と感じている女将は至極まっとうなようなきがします。
Posted by 老酒 at 2006年10月25日 13:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

DHCベースメークシリーズ専用コンパクト@dhcサプリメント【人気のDHCサプリメントはこれ!】
Excerpt: DHC Q10クリーミィコンパクトファンデーション、DHC Q10パウダリーファンデーション、DHC Q10プレスドパウダー専用コンパクト
Weblog: dhcサプリメント【人気のDHCサプリメントはこれ!】
Tracked: 2006-10-23 22:58

首のしわとり(シワ取り)対策
Excerpt: 首のしわが気になる。首のシワ取りをしたい。首のしわとり対策について。
Weblog: 首のしわとり(シワ取り)対策
Tracked: 2006-10-23 23:09