2012年02月29日

2月最後の日

 
 朝目覚めたときは、うっすらと屋根に雪が積もっているぐらいだった。それから一時間ぐらいして窓の外を見ると、今度は意外と激しく雪が舞っている。しっとりと濡れていると言った風だった道路も、もう雪が積もり始めている。
 困った。今日は出勤するつもりなのだ。新学期の教材の準備ができて、それを印刷に回さなければならない。それに書籍を随分と注文している。その清算もある。
 どうしよう。今日で2月は終わり。だから今日で雑用は片付けようと思っていたのに。

 この冬は寒かった。いつになく体のあちこちが痛み何だか疲れが取れない日が続いた。すべて寒さのせいと加齢のせいだと思ってた。実際そうなんだろうけれども、何だかそれで済ませていいのかなぁなんて思い始めてもいた。
 そうして、やっと時間が取れて(というか予約が取れて)昨晩はマッサージへ。腰の痛い事。背中の痛い事…肩の硬い事・・・。昨日のお兄さんは、私の予約の前が空いていたらしく(休養をとっていたらしく)いつになく丁寧に力を強く押してくれた。こうなるとこの時間は戦いでもある。お兄さんが押すタイミングで、息を吐く。もう息が続かない…というぐらいに吐く。そして次の瞬間に息を吸い込む。そしてゆっくりと吐く。この連続なのだ・・・。
 あっという間の一時間。
 あれ、今日はもみ返しが来そうだな、などと思いながら帰宅して(というより家から30秒もかからないマッサージ屋さんなんだ)、今度はゆっくり風呂。そして就寝。爆睡。
 今朝の、なんと肩や背中の軽いことか・・・。やはり、調子が悪かったのは疲労だったのか・・・。
 疲れも2月中に取れたような気分だ。

 で、今日出勤したら、また寒さの中に身を置いたら、この軽くなったからだがまた重たくなってしまうだろうか・・・。
 でも、どうしても読みたい本があるんだ。アマゾンから職場へ送ってもらっている。3月からは、ちょっと知識の見直しというか勉強のつもりであった。新しい知識を仕入れないと授業がマンネリになってしまう。から。
 どうしよう。

 何やかや言いながら、自分の立てたスケジュール通りにならないと気分が悪い性分でもある。
 書の展覧会の準備も完了している。講演会の準備もOK。俳句も投句した(今度の句会は仕事で欠席)。教材の準備も終わり・・・
文芸春秋も読んだし、今のところ「積ん読本」なし。温泉にも一応行った。
 
 こんな風にせっかちだから体が悲鳴を上げるのかもしれないけれど・・・。「さっつ頑張ろう」からそろそろ卒業してもいいのかもしれない。



 
posted by 百子 at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/254700418
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。