2011年12月03日

どてら着る後ろ姿や百耕忌 百子

 どれら着る後ろ姿や百耕忌  高井百子
 俳句の普及をめざすNPO法人双牛舎の「みんなの俳句」に載った。俳句の先生である(双牛舎代表理事)の而雲先生がコメント書いてくださっている。
(以下)


 忌日の句である。前書に「父の三十三回忌を前に」とあった。それによって作者がご自分の父上(俳号・百耕)の忌日を詠んだ、ということが分かる。「どてら」という冬の季語が入っているので季節もはっきりとしている。しかし読み手の知らない忌日の句はどうなのか、と思う人もいるに違いない。
 忌日を詠む場合、「芭蕉忌」(時雨忌)、「子規忌」(糸瓜=へちま=忌)など、有名人のものに限るべきだ、という意見がある。しかしこの句を見て、必ずしもそうではない、と思った。どてらを着て背中を見せている百耕さん。洒脱な俳画を見るようで、なかなかの雰囲気を感ずることができる。
 この句のイチ押しは「百耕」という俳号である。聞くところによると、父上は大学の教授として一つの専門分野を地道に耕し続けておられたという。そのことを知らなくても、一徹で重厚な人柄を感ずることができよう。どうやら忌日の句に相応しい俳号というものが、あるらしい。試みに歳時記などから俳号を選び、順に置き換えてみた。どてらの後ろ姿にぴったりの俳号は結局、見つからなかった。(恂)


 手術の待機をおえ、重たい体を引きずって帰った夜、この記事が掲載されていることに気付き、なんだか心が温かくなった。親孝行できなかった父だけど、きっと喜んでくれているに違いないと、そんな気がした。
 今日は午後句会。楽しんでこようと思う。 



posted by 百子 at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/238376988
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。