2011年09月30日

9月最終日・体調管理

 なんだか本当に9月ってあったの?というような早さで9月が終わる。
 朝はそれでも青空が広がっていたのに、もう今は一面うす曇りだ。雨が降り出すらしい。そして急激に寒くなるという・・・。

 それでも、授業は始まり・・・日常がいつものように順調に過ぎて行くようになった。体調も悪くはない。昨日行ったマッサージのお兄さんも、「肩や背中はなかなかいい感じですよ。指が入るし・・・ひどい時はバリバリで入りませんからねぇ」と。そうなのだ。時々ひどく疲れるけれど、前のようにそれを引きずる事はない・・・・。
 で、少し痩せたかなと期待をして人間ドックに行ったのだけれども・・・「増えていますよ!」って若い女医が。 「高脂血しょうの薬も飲んでるのではありませんか?ちゃんと申告しないと!。血圧が140ありますよ」などとタカピシャに言われて、ますます血圧が上がってしまったんだ。(だっていつも行くお医者さんには、「血圧は大丈夫ですね」と言われているし、もらっている薬だって 、コルステロールの薬と血糖値を下げる薬だけだし・・・)。めんどくさいから、黙っていた。

 で、今日はいつも行く近所の医者に。実は人間ドックに行く前に血液検査をしてあったのだ。このお医者さんは、春先に「帯状疱疹」を患ったときに、埼玉県の緊急医療センターで紹介してもらったところだ。その時から、以前通っていたお医者をやめて、持病の管理すべてをしてもらっている。布袋様のような顔をした年輩のお医者さんである。以前のお医者さんは、机の周りが書類だらけで座るところもなく、立ったままカルテをひっくり返しひっくり返し診察する。だから一人の患者さんにかかる時間が長く、通院が半日仕事になってしまった。
 しかし今度の布袋様のようなお医者さんは、すべて患者さんの情報をPCで管理しているらしいから、診察室はすっきり広いし・・・早いし。それになんといってもおおらかというか適当?で、どうも百子と波長が合う。「まぁこの程度の数値なら、大丈夫でしょう・・・。」と少々基準値を超えていてもにこにこと笑っている。前のお医者さんなら「運動してくださいよ!このままいけば大変なことになりますよ!。漢方の薬もきちんと飲んでください。そうすれば2-3kgすぐに痩せますから・・・・」などといつも怒られたり説教ばかりされて、帰りには、山程の漢方の薬を抱えて帰る羽目になっていたのだ。
 
 で、今回の検査の結果というと、コルステロール関係は、きれいに(というほどではないけれど)改善されて・・・。ほらみろ。かなり食事に気を使ってるからだ。血圧だって平常値。この調子この調子。ただ、血糖値は変わりなく・・・まあこれは遺伝ということもあり・・・新たに薬を一種類飲む羽目になった。布袋先生「まぁ。ゆっくりやりましょう。食前に飲み忘れたら後でもいいですよ。そんなにきりきりしなくても・・・」とおっしゃる。もちろん以前のお医者さんに指示されて飲んでいた漢方薬はなし。
 よし!あとは、もうちょっと体重を減らすことだな・・・。

 体調管理は、指示されてやるものではなく、自発的にやるもんなんだ。
 などと、思いながらも検査結果に気をよくして、医者の帰りに、大きなチャーシューの載ったギトギトラーメンを注文してしまった。反省!。半分も食べられなかったけれども。まだもたれている・・・。あぁ。今夜は野菜だけにしよう。自己管理、自己管理だ。






posted by 百子 at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック