2011年07月16日

「書」の合宿へ

 怠け者の私だが、もう10年以上も続けている?物がある。「書」。いや「お習字」か。といっても月一会の稽古。それを、なんやかやの都合があって、で毎月出ているというわけでもない。年に6回から7回ぐらいか・・・。それもすぐにお稽古に飽きてしまい、仲間の邪魔を始める(話しかけたり・・・なにしろ何カ月に一回しか会わない方々が多いから・・・)終われば近くの中華屋で一杯。またそこの餃子がおいしいときているから、その餃子目当てであったりする。
 で、今日から恒例の合宿。長野の先生のご自宅である。いつもは木曜日から出かけたりするのだが、今年は他のメンバーと同じ日程で。連休を利用してである。

 ここ何年かは、「淡墨」で書いている。だから先生のご自宅の「離れ」のような広い場所でないと書けない。ぶっとい筆で一気に書く。「ほら腰を入れて!」「ぐぐいーと一気に!」と先生に叱咤されて・・・。半日も書けばこの加齢の身としては、足腰が立たなくなる・・・。
本当は静かに写経などしたいところなのだけれども。
 場所は長野県の飯綱高原の一角。その涼しさだけが今年は楽しみでもある。
 夕方涼しくなったころ出かける予定だ。

 授業は残すところ、最後の1回とか2回。節電で変則的なスケジュールになっているので、ほとんどが授業のまとめや試験。だから準備することがなく、気持ち的には少々楽でもある。そして採点と、期末のもろもろの報告書を書き(入力)して夏休みに入る。おっとその前にスクーリング2本。働きすぎだぁ。最後の力を絞り出して・・・がんばんなくちゃ。

 冷房を効かせた部屋で、墨の匂いに囲まれて静かに「書」の練習にいそしむ…そんな日が早く来ればいいのに・・・。
      日盛りに女が一人墨をする   百子 
 なんて気分でね。

 「あれ、百子さん練習嫌いじゃな買ったの?時間があればあるでなんやらかんやら予定を入れて、お習字なんていつも後回しでしょ!」などと先生のお言葉が聞こえてくるような・・・気もしないではないが。
 
 とにかく、この時期の「書」の合宿は、百子にとって、あと少し頑張れ!その前に鋭気を養って!という意味合いが強いのである。






 

posted by 百子 at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 習字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック