2011年08月31日

「子規は何を葬ったのか」空白の俳句百年 を読む

         子規は何を葬ったのか.jpg

 今泉恂之介氏(俳号・而雲)のご著書「子規は何を葬ったのか」空白の俳句百年 を頂戴したのは、稚内・利尻の旅から自宅に帰ってきた夜遅くであった。ポストの中に出版元(新潮社)の封筒に入っていて、新潮選書にしては斬新なデザインでグリーンの帯が印象的な表紙のご本だった。
 旅の荷物をほどくくこともせず、「序章」を読んだ。次に「あとがき」を読んだ。
 今泉氏が、俳句の本を、特に子規に関するご本を執筆されていると知ったのは、今年3月の松山吟行にご一緒する前だったような気がする。松山では吟行の傍ら今泉氏の精力的な取材が印象的であった。夏前には刊行されるだろうと伺っていたのだけれども、夏に入っても出版されたという話は聞かなくなり、どうしたのだろうと思っていた矢先に届いたご著書だった。なるほど、そうだったのか・・・。
 
 7月末、今泉氏とこのご本の「あとがき」に登場する大澤水紀雄氏(俳号・水牛)が代表理事を務めるNPO法人双牛舎から、「芽吹きーみんなの俳句・東日本大震災に寄せて」が出版された。その巻末に今泉氏が書かれている文章がある。「俳句の本質・・・」についての文章。その趣旨と、この「子規は何を葬ったのか」の終章に書かれている今泉氏の文章が一致するのである。
 今泉氏は「終章」で「当初の執筆『主旨』がだんだんずれていってしまった」と書いている。これが出版が遅れた理由なのだと思うが、その過程で今泉氏は、「私が俳句について最も言いたかったこと」として「俳句史の本流は”普通の人々”であった」事に気付いたのだという。
 ご本の中ごろ以降のページに登場する、江戸末期から明治の始めに生きた女性と思われる俳人たちの句の数々は本当に、普通の人たちの毎日の生活の中から生まれたすばらしい句ばかりである。
  垣越しにもの言いかけて梅の花   有光女
  涼しさや藁で束ねし洗い髪      鶴女

 この著書の多くは、小林一茶以後、正岡子規以前までの俳句。子規が「堕落し、救いようのない状態にあった」「月並みで見るに堪えない」と酷評した約百年の間にそれなりに活躍した俳人たちの足跡と句を膨大な資料の中から拾い集めている。
 土方歳三が俳句を作っていたというのも驚きだが、三森幹雄、穂積永機、井上井月等、百子にとっては初めて聞く俳人たちの人となりと句の数々が興味深い。
 今泉氏は、国会図書館に通いながら膨大な資料と向き合い、またジャーナリスティックな視点から、先人たちの句の解説ばかりではなく、実際の生活の姿をあぶりだしている。先人たちの日常までもが見えるようだ。大変興味深く読みやすいご本であった。

 読み始めから「月並み句」とはどんな句なのだろう。と思っていた。
 「月並み句」と子規が切り捨てたという句はどこが「月並み」なのだろう。
 そのこととは「終章」で触れられている。
 では、いい句とは・・・。これは文中で今泉氏が「いい句」として取り上げた先人たちの句をじっくり読むしかない。これが俳句の勉強ということなのだろう。
 しかし一つだけはっきりと言えるのは、普通の人たちが作る俳句のなかにも「いい句」は生まれる。ということのようだ。

 
 幸いにも百子は、すばらしい俳句の先生、この御本の著者である今泉而雲氏や大澤水牛氏のご指導を受けています。(時には先生たちに悪たれをついてしまうこともありますが・・・)。この幸運を大事にがんばりたい!とご本を読んで改めて思いました。
 ありがとうございます。今朝見たアマゾンの本ランキング・評論部門で 2位 になっていました!
 俳句を愛する多くの人たちに読んでいただきたいご本です。

  「子規は何を葬ったのか」空白の俳句百年  新潮選書・新潮社刊 今泉恂之介著 1200円 8月25日発行

 

 
posted by 百子 at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月28日

稚内・利尻の旅

2011-08-24フェリー.jpg 今回の旅行の日程が決まったのは、出発の一週間前。まず稚内にいらっしゃる、今回の旅の第一の目的である、ある方々との面会・ご挨拶の日程調整(結局お仕事をお休みして稚内を案内してくださったのです!が)。次に飛行機と宿泊の手配。これはJTBなどの窓口ではすでに遅く、結局ネットで、飛行機と宿泊のパック旅行を手配をすることになった(なんと便利な世の中になったものだ・・・)。稚内2泊。そして利尻島1泊(ここの旅館はパック旅行と離れて独自にJTBで手配)。そんな具合であわただしく出発した。
 
 まず稚内。晴れ。市内のホテルにチェックインして付近を散歩。偶然にも今回ご挨拶するミドリちゃんのお父様が近くの稚内港北防波堤ドームで、なんと群馬県太田市から来た小学生たちをバーベキュウで歓待しているという。急きょホテルに戻りお土産を持って現場へ直行。そしてご挨拶。太田市の小学生と稚内市との交流はもうずいぶん昔から続いているという。ボランティアの青年たちが稚内市と入ったはっぴを着て活躍していた。
                                           2011-08-24 防波堤キャンプ.jpg
                                   
      

 そして夜・・・ここから今回の旅のもう一つの目的である「食」体験が始まったのである。
 紹介されて行ったお寿司屋さん。もちろん「うに」のおいしさには驚愕したのだが、「つぼだい」の開き(一夜干し)にはびっくり。食べきれないほどの脂の乗った身あった。
 
 そして次の日は利尻島へフェリーへで。片道2時間弱。
         2011-08-24フェリー.jpg       島に着くと「利尻ラーメン」。隣の大きなバックを抱えた女性一人客は、4000円の「ウニ丼」を。食べる前に大きなカメラで撮影していた。そうして島一周の観光バスに乗車し約3時間。利尻富士は思ったより大きいくて高い。
                           2011-08-26利尻富士.jpg

 行く先々の休憩所で、地元の食材をゲットしたり食したり…しかしその夜から「うに」攻めは始まったのである。「うに」ばかりではない。

 海水につけた「なまうに」(半端でない量である)。ウニの一夜漬け。うにの煮物。それにズワイガニ。たこしゃぶ、ボタンエビやホタテの刺身。ほっけの煮もの。すりだらの汁もの・・・うにの茶碗蒸し・・・
 この百子でさえ、全部は食べきらなかった・・・。
 
 次の日、ミドリちゃんのご両親に連れられての稚内観光(宗谷岬、原生花園、稚内北方記念館開基百年記念塔、氷雪の門記念碑。真岡の電話交換手の集団自決記念碑・・・大韓航空撃墜慰霊等、稚内の風車、酪農地帯の見学(ドライブ)海…海から見える利尻富士を追ってのドライブ…稚内北港では、底引き漁船入港に立ち会うことができた。荷降ろしされるカニや貝、ヒラメなどの魚を目の前にびっくりびっくり。地元ではごちと呼ぶカモメの多さに、その糞をかけられないように注意しながら・・・)
 そして圧巻はその夜。ミドリお父様御推薦の「甚八」。テーブルにはズワイガニの山。突き出しは、ホヤの塩から・うに・モズクの3点盛り。刺身はサンマ、鳥貝、つぶ貝、タコ、烏賊、鮭、ホタテ、ボタンエビが山盛り。ハッカクという魚のチャンチャン焼き(みそ味)が美味で・・・。その他サラダ・・・さかな(かすべ?)の煮こごり。最後は、ウニ丼。これでもかこれでもかというほどの量が。これには、参った!。でも完食。
 食材のいくつか・・・・
 2011-08-25 塩ウニ.jpg      2011-08-26 18.ずわいがに.jpg    2011-08-26 はっかくのみそ焼き.jpg

                        2011-08-26 うにどん.jpg         
        
       
  ウニは今月で終わりだそうだ。  2011-08-24 16.31.41.jpg 

 そうして次の日の朝…ホテルの朝食はバイキング。なんと醤油漬けイクラ食べ放題。
                       2011-08-27 07.06.09.jpg

 見てきたものは、食材だけではありません。
  2011-08-26 11.32.58.jpg  2011-08-27 10.37.54.jpg  2011-08-26 15.23.08.jpg  

                                 2011-08-26 14.07.43.jpg
       
 本当に楽しい旅でした。みどりちゃんパパママ。本当にありがとうございました。                                                                               
   
posted by 百子 at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月23日

父の俳句

 蒸し暑いと感じた途端、日が差し始めた。窓から見える空はすでに雨雲が切れている。

 畳替えのために書棚を整理。古い本を片付けた。そうしたら父の俳句が載った冊子が・・・。大事に大事にしまっておこうとどこかに入れた覚えはあるのだが、いつも間にかその場所を忘れてしまって、ときどき思い出しては探してみたものの見つからなかった、百子にとっては大事な父の形見である。片付けはそっちのけで、しばし読みふけってしまった。

 父・浩は明治44年3月29日生まれである。逝ってしまったのは、昭和54年11月9日。俳句、囲碁、謡を趣味とした。真っ先に思いだされるのは、机に向かって古文書を紐解いている史学者の父の姿だが、時には譜面台を前に謡をする父の姿も浮かんでくる。あの気弱な(そんな風に見えた)父はどんなふうな囲碁を打っていたのかも誰かに聞いてみたい。
 しかし父が一番好きで力を注いだのが、俳句ではなかったか・・・。
 父は昭和38年に和田杜笙氏が主催する句会の門下生になった。俳号は、百子が知ってるのは「百耕」であるが、その前に「寒泉」と名乗っていたこともあったらしい(先日長姉から聞いた)。
 
 父の俳句は、その句会報「桑珠」でしか見ることはできない。父の追悼特集には、和田杜笙宗匠をはじめとして、何人かの門下生が百耕の追悼を行ってくれている。逝ってしまった当時の上毛新聞にも、父百耕の俳句が追悼文とともにで紹介されたと聞く(百子はコスタリカ赴任中で父の臨終には立ち会っていない。だからその新聞も見ていない・・・)。
 一冊だけ、百子のところに残った句報「桑珠」から父の句をいくつか記しておこう。

     高井百耕  遺作抄
  四月馬鹿孫の言う嘘透き通る
  藁仕事鶏会釈して土間に入る
  魂が去れりと冬の蜂言へり
  長閑さをつけたす犬の大欠伸
  さきがけて梅の青枝がうちけぶり
  春愁の青年たちて指鳴らす
  春眠す余生きりなくあるがごと
  地虫得て話し相手の小ささよ
  人丸忌走り岩根を踏み詣づ
  鬼城忌や利鎌は鋼匂はしめ
  猫の子の客あるたびに顔を出す
  牙のなき犀の貌して温め酒
  冬構一見識のありて母
  鶏歩む木枯らしに尻たたかれて
  今朝秋や漬物うまき回復期
  生涯の長さ短さ冬の墓

 まだまだ百子の句は父・高井百耕の足もとにも及ばない・・・。
posted by 百子 at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月21日

秋だぁ…

 涼しい。窓際に置いた温度計は25度になっていた。
 この分だと24日から行く稚内はどんなだろうかと少々不安が広がる。もちろん長袖は必要だろうなぁ・・・。

 昨日今日と2日間で、田中喜美子氏の「子育て論」を2冊読んだ(一冊は「働く女性の子育て論」新潮選書)。しっかりしたデーターと新聞等に寄せられた投稿記事の引用などを交えた、論理的な文章というより論調。
わが身の持っている知識や理論、経験をなぞりながら一気に読破。最近どうも本の読み方が違ってきているなと感じながら…今、読後の余韻に浸っている。納得できるところも多いいが、少し短絡的だと思うところもあり・・・ 感想を書くのはまたの機会に譲るとししようと思うが、まぁともかく、夏休みに買い求めた本4冊をこの2-3日で読んだことになる。ちょっとした仕事モードで満足満足。(自己満足だけれども)・・・。

 今月の「文芸春秋」も面白い。影響を受けた「手紙」。さて百子は何だっただろうかな・・と昔を振り返りながらよんだ。相変わらず震災に関する記事も多いし、この混迷している政治の話も多い。毎月読むわけではないが、静かに時を忘れて本と向き合う時間は、夏休みならではの時間だ。
 机まわりには、まだまだ「積んどく本」も多いけれど・・・やっぱりこんな時間はいい。

 さてと、そろそろ今夜の食事会に出かける用意をしなければ・・・。今夜会う友人に上野の平成館で行われている「空海」展にも誘われたのだけれども、それはまた次の時にと断った。9月までやってるらしいから、期間中には必ず行く予定。「風信帖」は必ず見なければ…以前臨書をした事もある書だから、やはり本物を見たい。
 あっつそうだぁ、次回の書は九段生涯学習館で「書」のお勉強会。出席の予定を出していなかったっけ。どうしようか・・・。俳句の「勉強会」にも行きたいし・・・。

 巷の気温が下がって、いよいよ「勉強の秋」? あれっ百子は勉強嫌いじゃなかったっけ?
 いえいえそうでもないのです。ただ「気分」だけなのです。全く以て今日は「秋」の気温だから・・・。




posted by 百子 at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月18日

まとめて本を読みだした

 暑さは今日まで・・などとニュースが言っている。本当だろうか?朝からクーラーを28度に設定し、扇風機をつけて本を読んでいる。
加齢のせいか、何気に小さい字が読めず、根気が続かない。家の周りもひっそりと静まり返って、息をこらしてこの猛暑が通り過ぎるのを待ってるようだ。
 今日は午後夕刻からお接待でおでかけ。ついでに来週出かける北海道の利尻島の宿をJTBで予約する予定。
 稚内で2泊のホテルと往復の航空券はネットで昨日ゲットした。本当に便利になった・・・。それにしても避けがたい用事ではあるが、かなりの出費。ネットはカード決済だから、いただいたJTBの旅行券は使えず。ということで利尻島の宿をはこれを使う予定。ネットで見たらかなり満杯になってるからとれるかなぁ。

 読んでいる本は…働く女性と子育てに関する本ばかり。春休みから続いている課題でもある。読みながら大体の目途を付けて行動をおこす予定。夏休み中。今が仕入れの時か。
 と言いながら、一日一日と夏休みが減っていく・・・。






posted by 百子 at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月17日

やはり忙しいほうがいい。

  今日から少し仕事モードへ。
 夏休みに入って一週間。家のこと、実家のこと、そして・・・さまの病気のことと少し緩みっぱなし(いつもとは違う神経を使うという意味で)だった。昨日くらいから、何だか胸の中がざわついている。仕事しなくていいの?と。
 
 で、今日は学生が実習している(インターンシップ)の企業へ陣中見舞いへ。そしてJTBへ。急きょ稚内へ行くことになったのだ。三男の嫁さんの実家への挨拶をかねて、来週半ばから週末。その合間を縫ってインターンシップをお願いしている他の企業、そして自宅の畳替え、慶応病院への付きそい(多分そこで頸動脈瘤の手術の日程が再調整されるだろう)。そうこうしているうちに、9月にはいってしまう。9月1日からは、大阪時代の仲間と恒例の旅行。今年は能登半島。・・・さまは大連・旅順の旅へ。
 夏休み前に仕入れた「本」は、まだバックの中からだされないまま・・・一体いつ読むんだろう。

 外は相変わらず暑い。早めに出かけたいところなのだが、ご挨拶に持っていくお土産を購入しなければならない。デパートが開くのは10時からだ・・・。
 それに、今日はひょっとして二男の転勤の辞令が出る日かもしれない。ここ一・二年転勤の話が続いていた。海外へ出るのか…東京か・・・と。どうも一度東京に帰るらしいとの情報が出てから2カ月。今日こそ!という感じだそうだ。9月1日から新しい職場で、と2週間前の今日。ということらしいのだが・・・まだ連絡なし。
 
こんな風に、やはり気ぜわしいほうが性分に合ってるようでもある。

 「芽吹き」。大震災を体験した我々俳句仲間が、胸の中の怒りや、悲しみを自然発生的に表現してできた句集。NPO法人双牛舎から出版されたその本を、今日はぜひ読んでほしい仲間に送るつもりだ。もちろん欲しいという方はご一報を。お送りします。





posted by 百子 at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月14日

夏休みが始まった・・・

 先週始め、スクーリングの採点を提出し、職場に届いていた夏休みに読む本の研究費等の手続きが終わり、髪の毛を切って、夏休みが始まった。
 まず台所の食器棚の片付け。古い使わなくなった食器とともに、いつの間にか忘れられていた保存食を消費期限を確認しながら処分。ついでに使わない鍋類。卓上で使う電機鉄板なども。幾分すっきりしたかなぁ・・・。出た不燃ごみは車で約10分の「環境センター」に持ち込んだ。
 次に畳屋さんに電話して畳表がえの見積もり。網戸の張り替えも依頼し・・・・。工事?は10日後。
 昨日は、群馬の実家の隣にある百子の私有地の草刈りに息子と。草刈り機をうならせながら約2時間の奮闘。盆の入りとあって関越道路は渋滞でいつもより2倍の時間がかかり・・・。行き着いた兄の家には姉二人が。久しぶりの再会でもあった。

 と、気がつけば夏休みはもう5日目である。今日はのんびりと一日を過ごしている、というかやらなければならない事は山積みなのだけれども気が入らない。昨日の疲れが出ているのだろうか・・・。
 昨年まではどんな夏休みを過ごしていたっけ?そうだ、朝ウオーキングをしていたなぁ。5時から一時間。あとは・・・思いだせない。

 明日は旦那様の病院への付き添い。手術をするか否かの最終判断をしなければならないらしいから、その判断の立会い。もちろんお医者様に話を聞いてくる。そうかぁ。今年からはいつもとは違う夏休みなんだ。自分のことだけに時間を使えない状況になっているんだ。今までは(授業があるときの平日は)自分勝手に仕事の時は仕事優先と別居を決め込み、時間が空いた時だけ一緒にいた。夏休みもそんなあ風になるのだと漠然と思っていたけど本当にそれでいいのかなぁ。明日だって病院で待ち合わせ。
まぁいいか。形にこだわる必要はない。自分たちのスタイルで進めよう。お互いに管理しなければならない家があり、仕事があるんだから・・・。困った事といえば、「あなた、結婚して忙しいんでしょ。会う暇ないよね」などと友人から誤解されることぐらい。「いえいえ今までと同じ時間の使い方してますよう。誘ってくださいよっぉ」。

 夏休み。長いようで短い夏休み。さてと、うかうかしてられないぞ。と思うのだけど。




 
posted by 百子 at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月03日

夏休みが近づいてくる

 採点が終わった。あぁやっと終わった。そして残るは今週末のスクーリング。そうすれば夏休みである。
 大学の夏休みは長ーくていいね、などとうらやましがられるところだが、実のところそうではない。入試関連、研修会…などで結構出なければならないことが多い…というのは、一応現役のときで、百子みたいにすでに「特任」の域に入っていると、そんなお役目はすでに外してもらっているから、比較的自由になる時間はある。
 
 しかしだ。のんびりしてはいられない。いや、のんびりしていいと思える人はのんびりできる。しかし貧乏性の百子となるとそうはいかない。何だかいまだに・・・そうもう大学に籍をおいて8年目になるのに、「研究者」でない自分のいごこちがわるいのである。いつも自問している。「この授業でいいのだろうか・・・」「テーマを決めて“研究”しなくてもいいのだろうか・・・」。などと。時間があればあるほど、強迫観念が迫ってくる。
 まぁ考え方を変えれば、このところ、日常に追われて新しいことに挑戦したり始めたりする、わくわく感がなくなっているからなのだろうけれど。停滞している状態が長ければ長いほど、飛び上がりたくなる様なわくわく感を伴う仕事がしたくなるのである。それが百子の行動パターンなのである。

 さてと、今週末が終わればまず、たまっている家の片付け。畳変えと網戸の張り替えをする予定。これは業者に頼みます。そして台所の大掃除、これは自分で。まぁこれで一週間は終わる。その合間を縫って、ちょっと新しい仕事(ふふふ)の準備。なんとかやり遂げねば・・・。

 と言ってもね。実のところ先日会った後輩に「一発屋で終わらないで下さいよ!」などと背中つつかれてるんです。結構これってプレッシャーになっています。


 
posted by 百子 at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月01日

「芽吹き」 ーみんなの俳句・東日本大震災に寄せてー

 NPO法人双牛舎・「芽吹き」-みんなの俳句・東日本大震災に寄せて が刊行された。

       
芽吹き.jpg
      

 NPO法人双牛舎は俳句の普及を目指すNPO法人である。http://sogyusya.org/blog。その会員が作った俳句を、一週間に3-4回「みんなの俳句」としてブログにコメント付きで掲載している。会員は日経俳句会を中心に約80名。
 その「みんなの俳句」に掲載された東日本大震災に関する俳句、コメント、そして日本経済新聞社・写真部が震災後いち早く開催した写真展「記憶2011.3.11−忘れてはいけない事」で出展された写真のなかから何枚かを掲載したのが上記の本である。

 震災後、多くの仲間が「こんな時に俳句などを作っていていいのだろうか・・・」「句会など開いていいのだろうか」と疑問を投げかけた。確かに流れてくる震災の情報が想像を絶するものであり、胸が締め付けられるものであった。加えて原発の問題。いったい日本はどうなるのだろう。誰もがそう感じた・・・・。
 しかし、また。誰もがこう感じたはずだ・・・。日常を取り戻さなければならない。
 普段から俳句に取り組む者にとって、俳句を作る事は日常である。感じたままを17文字にあらわす。ならこの惨事への思いを句にあらわそう。双牛舎代表の大澤水牛さん、今泉而雲さんは、あえて「みんなの俳句」の場を震災特集として会員に句を募った。
 この本の中に収録された俳句やコメントは「東日本大震災」を体験したわれわれ仲間の、被災地の人たちへの思いを表したメッセージでもある。
 
 百子にとっても、この大惨事への思いを俳句で表現するということは大変なことであった。自分は体験していない事を、映像情報やテレビの情報などだけで、その思いを語れるのだろうか。被災された人たちに失礼ではないか・・・・そんな思いがあった。
 しかし、同時期に開催された日経新聞写真部の人たちの自作の展示会「忘れてはいけない事」の写真の数々をみて思いは変わった。そこに表現されていた写真と短く付け加えられていたコメントを読んで、それらの写真を撮った日経写真部の人たちの思いを感じたからである。
 写真を通して被災地の人たちに寄せる思い。なんともいえない優しさの裏には、被災者の人たちの辛さ、悲しさを共感していた。それを写真という映像で表している。俳句でもそれができるのではないだろうか・・・。

 百子の句がそれを表現できたかは分からない。しかしこの本に収録された仲間の俳句やコメントには被災された人たち、地域への思いであふれている。日経写真部の皆様からお借りした写真も掲載された。私が最も感激した写真「藤野智弥子さん」の写真も載っている。ご主人の遺体が見つかった場所に咲いていたという水仙と桃の花を。避難所に飾りながらも静かな表情を浮かべてる写真。多くの事を語りかけている。

 今、いろいろな媒体で、小説家や随筆家、俳人たちが、震災への思いを語り始めている。
 我々双牛舎の仲間は俳句を愛する素人集団ともいっていい。しかし、どんな媒体よりも早く、この本を世に出した双牛舎代表の水牛先生や而雲先生にお礼を言いたい。あの大震災(今も継続している)に立ち会った人たちの思いを記録に残し世に問うことの重要性を感じているからだ。そこにはプロや素人の壁は無いはずだ。

 ぜひ多くの人が手にとって欲しいと思う。「忘れてはいけない事」として。
 ご希望の方はご一報ください。市販はされていません。





 
posted by 百子 at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする